Vivid Strike!の時系列・設定まとめ

スポンサーリンク

この記事では、魔法少女リリカルなのはシリーズの「Vivid Strike!」の時系列や設定について解説します。

スポンサーリンク

Vivid Strike!の時系列

「ViVid Strike!」の時系列は「なのはViVid」から1年後(新暦80年)の設定です。

【時系列】
新暦65年春:1期(PT事件)
新暦65年冬:A’s本編(闇の書事件)
新暦66年3月:GOD(砕け得ぬ闇事件)
新暦75年:StrikerS本編(JS事件)
新暦79年:ViVid(覇王編)
新暦80年:Vivid Strike! ←今ココ
新暦81年:Force

ヴィヴィオたち初等科組は、5年生に進級しています。

Vivid Strike!の設定

前作の「なのはVivid!」では、ヴィヴィオたちがインターミドル・チャンピオンシップ(10代限定)に参加し、予選大会まで描かれました。
今作では、15歳以下限定の「DSAA格闘競技 U15」という大会に主人公のフーカやヴィヴィオ達が出場します。

強さランキング

アニメ劇中では、各キャラのランキング設定(1話開始時点)が描かれていました。

アインハルト(中等科2年)・・・U15ワールドチャンピオン(U15では無敗)
ヴィヴィオ(初等科5年)・・・ワールドランク7位
リンネ(中等科1年)・・・ワールドランク1位(U15ではヴィヴィオに判定負けした1敗のみ)
ミウラ(中等科2年)・・・ワールドランク5位
フーカ(フリーター)・・・大会出場経験なし

ボクシングと同じく、ワールドタンク1位の上にチャンピオンがあります。(U15最強はアインハルト)
今作主人公であるフーカは学校には通っておらず、格闘技初心者となります。

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!